2014年03月11日

オンラインゲーム ビジネスモデル

オンラインゲームといってもファンタシースターオンライン2しかやった事がないのだが、無料でクリアまで遊べるという話だ。とても無料とは思えない出来の良さで、カルチャーショックさえ感じた。機能としては、大半が無料で実施できる。有料になる場合には、例えば冒険中に倒れてしまった時に、お金を出せばその場で復活できるというのがお世話になりそうだ。また、有料版だとレベルアップが早い。他にも有料で衣装だとか特殊アイテムを手に入れられたり、レアアイテムのドロップ率を上げたりできる。このように、別にお金を出さなくてもクリアできる要素ばかりなのだ。なぜなぜ、どうして無料なのが考えてみた。

無料プレイヤーと有料プレイヤーの差が激しいならば、無料でプレイさせて有料に誘導する事に理解できる。ファンタシースターオンライン2は、無料でも相当に遊び込め、有料だと途轍もなく深い所までゆけるという感じだ。

レベルも20まで上げ、それなりに遊んでいる最中だ。深い事ができるとしても、筆者はお金を出す気にはなれなかった。筆者のように意志が強くないと、それなりの割合でお金を使ってしまうのかも知れない。なお、筆者はファンタシースターの1〜4までをプレイするようなファンだ。オンラインで知った人とは違う。


最初は認識できなかったが、美少女キャラクターもたくさん登場する事が判明した。ただ、萌えに至るキャラクターはいない。主人公を自分の好みに仕立て上げたので、他のキャラクターで自分のキャラクターよりも魅力的な美少女は見つからないというわけだ。
posted by Elf at 00:14 | TrackBack(0) | オンラインゲーム
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90044773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック