2014年03月14日

オンラインゲーム ビジネスモデル3

引き続き、オンラインゲームのビジネスモデルの話をしたい。

ビジネスモデルの話1
ビジネスモデルの話2

ファンタシスター2オンラインをプレイしていると、メンテナンス中という事にも直面する。つまり、新しいシステムを導入しつつ、バグを直しているわけだ。お金を出す事さえあるのにプレイできないというのは不便だが、実はメンテのお詫びと称してアイテムを貰えたりするので黙らせる事ができる。

いずれはゲームそのものが遊べなくなる。そりゃ、スーファミのドラクエだってバッテリーが切れればデータは消えるが、バッテリーは交換できるし、エミュもあるし、ゲームそのものが遊べなくなるわけではない。まあ、セガサターンみたいなハードが壊れたり売ったりしたら、結局は遊べないわけで、たとえゲームそのものやデータが消えたとしても、実態は同じとも言えるか。

一方では、20年後にSEGAが過去のオンラインゲームをパックにして、ストーリーくらいは遊べる商品を売りに出す可能性もある。

オンラインゲームの採算についてだが、1人が5000円〜1万円使ったとする。クレジットカードの手数料以外は売り上げだ。8800円のゲームを売っても、実際には1本3000円くらいの収益と想定できる。中古を買ったプレイヤーは、メーカーに取っては無料でゲームをプレイしているのと同じだ。あくまで推測だが、発売から10年間の全プレイヤーで新品で買う割合を3人に1人くらいだとすれば、10人に1人が5000円〜1万円を使えばビジネスとしては成立するという事になる。

ある個人が「俺は絶対に金は使わない」のように思ったとしても、「お金を使った方が楽しめる」と思う人がいれば問題ない。たとえ無料でクリアまで遊べたとしても、お金を使う人がいる限り、ビジネスは成立するのだと考え始めたこの頃だ。
posted by Elf at 10:20 | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2014年03月12日

オンラインゲーム ビジネスモデル2

前回はファンタシースターオンライン2オンラインのビジネスモデルを考察してみた。有料のコンテンツもあるのだが、無料ゲームとしても充分に通用する。どうして完全に無料プレイが可能なのかを考えてみたのだ。

その中で、自社の広告が結構ある事に気付いた。他にもセブンイレブンがゲーム内に登場したりと、スポンサーからの広告料も把握できた。他にもバグを即日で修正したり、ゲーム要素を追加したりとメンテナンスの利点もある。ただ、運営スタッフの人件費というのも発生するわけで、いまだに無料で遊べる事に納得がゆかない。

それに、いつかは閉鎖し、データなどは無くなってしまうのだ。ファンタシースターオンライン1は10年で閉鎖した。いつかは消えるデータのためにお金を払うという点が理解できない所なのだ。
posted by Elf at 12:29 | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2014年03月11日

オンラインゲーム ビジネスモデル

オンラインゲームといってもファンタシースターオンライン2しかやった事がないのだが、無料でクリアまで遊べるという話だ。とても無料とは思えない出来の良さで、カルチャーショックさえ感じた。機能としては、大半が無料で実施できる。有料になる場合には、例えば冒険中に倒れてしまった時に、お金を出せばその場で復活できるというのがお世話になりそうだ。また、有料版だとレベルアップが早い。他にも有料で衣装だとか特殊アイテムを手に入れられたり、レアアイテムのドロップ率を上げたりできる。このように、別にお金を出さなくてもクリアできる要素ばかりなのだ。なぜなぜ、どうして無料なのが考えてみた。

無料プレイヤーと有料プレイヤーの差が激しいならば、無料でプレイさせて有料に誘導する事に理解できる。ファンタシースターオンライン2は、無料でも相当に遊び込め、有料だと途轍もなく深い所までゆけるという感じだ。

レベルも20まで上げ、それなりに遊んでいる最中だ。深い事ができるとしても、筆者はお金を出す気にはなれなかった。筆者のように意志が強くないと、それなりの割合でお金を使ってしまうのかも知れない。なお、筆者はファンタシースターの1〜4までをプレイするようなファンだ。オンラインで知った人とは違う。


最初は認識できなかったが、美少女キャラクターもたくさん登場する事が判明した。ただ、萌えに至るキャラクターはいない。主人公を自分の好みに仕立て上げたので、他のキャラクターで自分のキャラクターよりも魅力的な美少女は見つからないというわけだ。
posted by Elf at 00:14 | TrackBack(0) | オンラインゲーム